スポンサードリンク



自己暗示で潜在意識を変える・・・脳を鍛える方法


●自己暗示で潜在意識を変える・・・脳を鍛える方法

世の中に溢れている「成功法則」では、潜在意識の中に
願望をインプットすれば叶うということですが、


その願望をインプットする方法として、アファーメーション
とイメージングがあります。


例えば、年収500万円の人が年収1億円になる願望を持ち、
そのようなアファーメーションとイメージングをしたと
します。


この時、アファーメーションとイメージングは完全にウソ
であると、顕在意識は知っています。

ギャップがありすぎて、イメージングもリアリティー
が伴いません。


信じていないので、「年収1億円」は潜在意識の中にイン
プットされません。

ですから、やればやるほど「努力逆転の法則」が働きます。

「嘘つき」「ゴマかし」「口だけ」がインプットされ、
状況はさらに悪くなりかねません。


このように現実と願望の間にギャップがあり過ぎる場合は
顕在意識の壁が立ちはだかり、うまく行かないのです。


ですから、一般的にはアファーメーションとイメージング
は現実を認めるところから始めて、顕在意識が反発を起こ
さない程度の内容からスタートすべきなのです。


これは音楽療法などの手法にも使われています。

非常に憂鬱な気分の時に、いきなりテンポの速い明るい
曲を聴いた場合、即気分も明るくなるでしょうか?

「ウルサイ!!」と感じ、余計に憂鬱になるのです。
音楽療法では一度憂鬱な気持ちに沿った悲しい曲を何曲
か聴いたあとで、徐々に明るい曲に変えていくのです。
そうするとうまく気分を明るい方に持っていくことが可能
になるのです。


自己暗示も同様に現実を認めるところから始めて、そこか
ら願望への階段をかけないと、ただの空中楼閣になって
しまいます。


顕在意識の壁をうまくすり抜けて、願望を潜在意識の中に
インプットするには、催眠などで、半覚醒状態にして顕在
意識の壁を薄くする方法があります。


他者催眠などでは可能ですが、とにかく毎日繰り返さない
と潜在意識の中のネガティブ情報を書き換えることはでき
ませんので非現実的です。


日常的に自分でできる自己暗示がベストですが、暗示のや
り方に工夫が必要となります。


顕在意識の壁をうまくすり抜けるような暗示文が重要なの
です。

アファーメーションしても、顕在意識が「その通り!」と
納得するような暗示の文章です。


その暗示文というのは、あなた専用のものでないといけません。


具体的な暗示文作成方法については、コチラで本代よりも安価な
1,000円で紹介しています。


興味のある方はチェックしてみてください。

SWITCH!(スイッチ!)潜在意識を思いのままに操るツール




スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 01:31 | 自己暗示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。