スポンサードリンク



言葉は人生を変えるか・・脳を鍛える方法

PET画像が証明した言葉の力・・鍛える方法

NHKで「エージングコンプレックス」を取り上げた番組をやって
いましたが、最近、加齢による抜け毛、シワ、シミ、加齢臭
に悩む人が急増しているといいます。


老いを過剰に意識し始めるとささいなことが気になり、本人
から積極性を奪い、外出できなくなってしまう人や、仕事に
支障をきたし続けられなくなる人が出ているのです。


番組の結論は「エージングコンプレックス」は幻ということ
です。


他人は、全くというほど気にしていないということです。


しかし、話の中で別に悪気は無く、軽い挨拶程度のつもり
で言った他人の自分に対する「髪薄くなったね」「シワ
増えたんじゃない」etc.がドカーンと爆弾落とされたよう
な衝撃を与えてしまうのです。


ここでも、「自分のことが一番重要、自分の事が一番気に
なる」という法則が働いているのです。


アンチエージング市場はこれからドンドン伸びますヨ〜
再生医療など目覚ましい発展を遂げていますし、日本
の技術は世界トップクラスですからネ(*^_^*)


番組では「エージングコンプレックス」に対し効果的な
対処方法のひとつとして暗示を紹介していました。


コンプレックスを指摘する言葉を自分で口に出して言うと
実験であるとわかっていても、脳にストレスがかかり、逆
に「自分はまだまだ若い」などのポジティブな言葉を口に
出して言うと、リラックスして、ストレスフリーになった
のです。


この暗示は自分で言うよりも他者から言われた方の効果が
高かったのです。リラックスを越えて喜びを感じていたの
です。


このように、実験であることが分かっていても、褒められる
と喜び、悪いことを言われれば、ストレスを感じてしまう
のです。


「ポジティブな言葉を使う」というのが、自己啓発や成功
哲学などでは定説のように言われていますが、PETの脳血流
画像から科学的に証明されたのです。


本当に言葉にそんな力があるのか?と疑問に思うのはわから
ないではありませんが、


いわゆる成功者といわれている人たちはプラスのストローク
プラスの自己暗示、他者暗示をされた人がたくさんいます。


エジソンなども、劣等生で、小学生の時に学校から追い出され
ましたが、彼の母親が「他人が何と言おうとお前は素晴らしい
人間だ」と言い続けたそうです。


五体不満足」の乙武洋匡(おとたけひろただ)さんのお母さん
も、乙武さんが生まれた時に「まあ、なんて可愛い赤ちゃん
なんでしょう!!」と感激して抱きしめたといいます。


グレートマザーはやはり違いますネ(*^_^*)


逆にマイナスの言葉を発するとどうなるか?

実話ですが、
ある会社社長が朝、奥さんと口喧嘩し、不機嫌なまま会社に
向かいました。

ところが、運転手がミスをして車をこすってしまいました。

不機嫌な社長は運転手に「この雲助が!!」と大声でののしっ
たのです。

その一言にキレた運転手はその足で金物屋に直行、包丁を買
って社長を刺殺してしまったのです。


また、九州の小学校だったと思いますが、女の子がブログに
友人のヘアスタイルを揶揄する内容をアップロードし、殺さ
れた事件がありました。

書かれた女の子は、何度も削除してくれと懇願しましたが、
その子は無視し続けて、最終的に学校でカッターで刺殺され
てしまったのです。


最近では電車のホームで肩がぶつかったとか何かで口論になり
ホームに2人とも転落して死んでしまった事件がありました。


ちょっとした軽い気持ちで他人に発した言葉、書いた言葉と
いえどもこれだけのことを起こさせるのです。


お釈迦様の言った「褒めておけば間違いない」は間違い無く
真実です(*^_^*)


この法則を商売人は良く心得ています。キャバクラ嬢も、
ホストもそうででしょう(*^_^*)


今から「プラスの言葉」だけを思いましょう。使いましょう。
話しましょう。書きましょう。


思わずマイナス言葉が出た時は言いなおせばいいのです。
(*^_^*)


「そんな簡単に人生が変わりゃ苦労しないよ」

と思ったあなた、相当マイナス思考ですヨ(*^_^*)
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 18:50 | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。