スポンサードリンク



英単語をストレスフリーに記憶する・・脳を鍛える方法

英単語は文脈の中で記憶する・・鍛える方法

英語に限らず、外国語の習得には語彙力を増やすことが
重要です。

ただ、単語を暗記する方法はどうでしょうか?昔の学生
は、辞書を破って食べて覚えたそうです。(*^_^*)

食べてしまえば、もう見ることができませんから、それだ
け真剣になり集中するということでそれなりに効果があっ
たのでしょうが、まるで拷問のようです(*^_^*)

単語を30回書くというのはどうでしょうか?手を使うの
で、脳科学的には正しい方法です。発音しながらやると
さらに効果がありそうです。

同様に単語帳や単語カードを作って電車の中で一生懸命、
記憶している学生がいます。(*^_^*)

残念ながら、これらの単語学習は無味乾燥でストレスフル
であると言わざるを得ません。

単語は文脈の中で生きて使われていますので、単品でピッ
クアップして覚えても応用できないのです。名詞は別です
けどネ。

ですから、単語は文章の中で覚える方が一番いい方法なの
です。

文章であれば、そこには少なくともなにがしかのストーリー
性がありますので、イメージし易くなります。

イメージできれば、イメージ記憶として記憶に残りやすく
なり、生きた単語として使えるようになります。

サジェストペディアのように集中リラックス状態で大量の
単語記憶を短時間で行うには、集中リラックス状態になる
必要がありますが、これには一定の訓練が必要で、人によ
っては集中リラックス状態にならない人もいます。この
サジェストペディアは優れた方法ながらそれほど一般化し
なかった理由がここにあると思われます。残念。


もっと一般的に広まったストレスフリー英語学習法として、
プロゴルファーの石川遼クンが使っていることで有名な
「スピードラーニング」という教材があります。

この方法は、簡単に言うと1センテンス毎に「ネイティブ
英語」⇒「和訳」の順で録音したものを聞き流すというも
のです。

この方法ですと、わからない単語が出てきても、直後に
和訳が流れますので、調べることなくストレスフリー
に意味が確認できます。

また、文章の中の生きた単語の使い方を学べます。
さらにネイティブの発音が身につきますので、発音もバッ
チリです♪

私も実際に、NHKラジオの英語学習番組を録音して、
『スピードラーニング』のように1センテンス毎に
「ネイティブ英語」⇒「和訳」の順で編集して自作の
教材にして聴いたところ、これほどストレスフリーに
聴けるものかとびっくりしました。

もちろん何度も繰り返して聞いているうちに知らなか
った単語も自然と頭に入ってきます。ストーリー性も
ありますので、イメージングも容易にできます。(*^_^*)

また使い方によっては同時通訳の練習の教材にもなります。

興味のある方は自作の教材造りにトライしてみてはいかが
でしょうか(*^_^*)

そして、この学習法はペーパー試験だけのための無味乾燥
な英語ではなく、実践的な英語力を身につける素晴らしい
方法であるということが素晴らしいポイントです(*^_^*)


スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 16:36 | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。