スポンサードリンク



午後も記憶力・集中力を保つ方法・・脳を鍛える方法

午後は雑用、復習、夜はリラックスが定石・・脳を鍛える方法

記憶力・集中力は午前中をピークにそれ以降どんどん下がって
行きます。

セミ・サーカディアンリズムもありPM2:00頃に眠気のピークが
やってきます。

また、食後の眠気も重なりますので余計に眠たくなるわけです。
皆さんも経験あると思います。(*^_^*)

従って、学習は午前中に記憶作業を集中して行い、午後は練習
問題などに当て、夜はクイズでリラックスというのが良い方法
です。

学校のカリキュラムも午前中に国語、数学などの普通の教科を
午後に体育、音楽などを配分しています。

ですから、優先順位重要度の高い仕事や、重要な会議も皆の
頭がまだシャキっとしている午前中にやるべきなのです。


ですが、午後も記憶力・集中力を下げない方法があります。

この方法は、九州の県立明善高校(久留米市)で、約1,000人の
生徒を対象に40日間行われましたが、大部分の生徒に効果
がありました。

その方法とは午後1時15分からの15分間の昼寝でした。

昼寝を取ることにより、午後の授業も眠くならず、集中力を
発揮できたのです。

昼寝することによりセミ・サーカディアンリズムと昼食後の
眠気を抑えることができたのです。

この「昼寝」の効用は広く知られるようになり、企業でも
取り入れるところが出てきました。

その昔、四当五落といって、受験勉強に置ける睡眠時間が四時
間睡眠なら合格で、五時間寝ると不合格といってました。

昼寝なんてとんでもないということでしょうが、学習・仕事は
時間ではありません、効率です。

昼寝あるいは、短時間睡眠を有効活用しましょう。

学習塾などは、夜10時頃までやっていますので、学習効率は非
常に悪いと思います。短時間睡眠してから行ったらどうでしょう
か。(*^_^*)
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 14:13 | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。