スポンサードリンク



高速反復で、作業効率、学習効率を上げる・・脳を鍛える

高速反復で新習慣をどんどん作る・・脳を鍛える方法


「スピードをどんどん速くして反復する」ことが脳に考える
余裕を与えないで、新たな神経回路を構築するひとつの良い
方法です。

脳に考えさせないで反射する回路を作るということは、歩く、
走る、母国語を喋る、歯を磨くなどの日常動作と同じような
「習慣」を作ることでもあります。

いったん「習慣」化された動作は考えなくても自動的に行え
ますから、動作をしながら、他のことを考えたり、作業でき
るので時間を効率的に使うことができます。

新しい「習慣」をどんどん増やしていけば、どんどん学習や
作業の効率化が図れることになります。

高速反復練習のメリットとしては、

これは単位時間あたりの反復回数が数倍〜数十倍になること、
強制集中することにより、新たな神経回路が強固に定着し易
くなること、集中状態が持続されることで、飽きることがな
くなり、やる気も持続することです。

ただし、高速反復練習に適さない技術や学習もありますので、
カットアンドエラーで応用する必要があります。

高速反復練習に適しているのは、語学学習、楽器演奏、その他
日本史、世界史、各種公式、資格試験などの暗記もの。

スピード重視のスポーツ、たとえば柔道、剣道、ボクシングや、
サッカー、バスケットボールなど球技一般、料理では野菜の千
切りなど。

ただし、高速反復練習ではスピードをどんどんあげていく段階
で、基本の型を忘れがちになります。

ですから、毎日、高速反復練習の最初にスロー、ノーマルスピ
ードでの基本型を必ず行う必要があります。
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 11:42 | ハイスピード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。