スポンサードリンク



楽器を演奏して脳を鍛える

バンド演奏で鍛える

最近、楽器店でフェンダーギブソンなどの高級ギターを
買い求める中高年が増えています。

子育てを終えた人や定年を迎えたビジネスマンが、バンド
を組みロックを演る人が激増中とか。

若い頃には手が出なかった楽器も手が出るようになった
というわけでしょう。(*^_^*)

これらいわゆるオヤジバンドやってる人達の共通点は元気が
あり「若い」ということでしょうネ。

楽器演奏の良いところは、同時に使う脳の箇所が多いという
ことです。

楽譜を読む、弾く、音を聞く、その他に歌う、他のメンバー
とリズムを合わせるなど、ほぼ全脳活性と言っていいのでは
ないでしょうか?

始めのころはうまく合わせられなくても、徐々に合ってくる
と自分達の成長も感じられるし、仲間との連帯感・一体感も
出てきます。

ですから、バンド仲間というのは他のグループよりも結びつ
きが強いようです。

脳の体性感覚野(ホムンクルス)では手の感覚野が一番大きい
面積を占めています。

手を動かすことが他の部位よりも一番脳に刺激を与えるとい
うことです。

ですから、この点からも、楽器を演奏することは脳を鍛える
打ってつけの方法なのです(ハーモニカなどは当てはまりませ
んけどね)。

「ピアニストは年を取らない」という言葉もありますよネ。

楽譜読めないという人は、知っている好きな曲を耳コピーで
いいですから、始めてみましょう。

一曲マスターすれば達成感も味わえますヨ。
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 16:41 | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。