スポンサードリンク



【笑い】を生活に取り入れて脳を鍛える

笑いは体にも、脳にも、心にも効く万能薬・・脳を鍛える方法

今、空前のお笑いブームです。テレビを見ればお笑い芸人を見
ない日はないぐらい溢れかえっています。

お笑い芸人の目指す若者も一杯います。

綾小路きみまろさんの毒舌爆笑ライブもいつも中高年で満員です。
みなさん、元気に笑っていらっしゃいます。泣きながら笑ってい
る人も・・(*^_^*)

みんな、「笑い」を求めているんですネ(*^_^*)

笑顔の人には人が自然と集まり、人間関係もよくなります。
あのヨン様も元々笑わない人だったのですが、笑顔の練習を積み
自然な笑顔ができるようになったそうです。

笑うと腹筋を動かしますので、太陽神経叢を刺激し、内臓など
を刺激します。また、腹式呼吸になり、血行もよくなりますので
酸素を普段より多く脳に運ばれますので、頭がシャキッとします。
また、内臓をマッサージする効果もあります。

笑うと脳波がアルファー波になり、リラックスします。アルファー
波はヒラメキ、集中の脳波ですのでヒラメキが出やすく、集中力
が増すようになります。

笑うと腹式呼吸になり、顔の筋肉を動かしますので、自律神経が
刺激され、ホルモンのバランスが整えられ、ダイエット・美容
効果も期待できます。

医療の現場では「ホスピタル・クラウン」が徐々に認知されるよ
うになってきました。

ホスピタル・クラウンは、1980年、医師のパッチ・アダムスが
始めた活動で、ピエロの格好をして病気に苦しむ人々を訪問
し、笑わせるというものです。

事実、「笑い」は免疫細胞のNK細胞を活性、増加させ、免疫力を
増加させます。


脳は鍛えられる、元気は出る、リラックスできる、免疫力は高く
なる、人間関係は良くなる。

これだけ安くて、効果のある方法他にあるでしょうか?(*^_^*)

漫才、コントを録画したり、DVDを何度も見たり、落語のCDを聞
いたり、川柳・狂歌を読んだり、自分で詠んだりといろいろと
「笑い」を自分の生活に取り入れる方法は沢山あります。

大切なことは意識的に毎日笑うようにすることです。


スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 17:48 | 笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。