スポンサードリンク



ピンチの時にこそ笑う・・脳を鍛える方法

笑いの効用・・鍛える方法


2009.8.21の高校野球準々決勝の花巻東を見て驚きました。

注目されていたエースが背筋痛で5回途中で降板。

これだけでも、相当なショックでしょうが、8回に逆転
された時に、ベンチの上記エースを含め、全員が笑顔で
拍手(のように見えました)していたのです。


順調に物事が運んでいる時には、そのままの状態を維持
すればよいので、特別なことをする必要がありませんが、
ピンチの時には緊張して血流が悪くなり筋肉がしなやか
さを失い、集中力が無くなり実力を発揮できなくなります。


こんな時いかに平常心を保てるかが勝負の分かれ目にな
ることが多いのです。


こういうときに平常心を保つ方法として、深呼吸・腹式呼吸
、ジャンプなど随意筋を動かしてリラックスする方法が一般
的に行われています。


ですがこれよりも簡単な方法が「笑顔」なのです。


笑顔を作ると血行がよくなります。さらに、全身から力が
抜けてリラックスします。


このリラックスが緊張とのバランスを取り、平常心を保ち
パフォーマンスをMAXにすることができるのです。


花巻東はその後延長10回に勝ち越し、勝利したのですが、
だからといって、笑顔を作れば勝てるかというと、勝負事
ですからそんなにうまくいきません。


大事な事は、自分の心身の状態を把握し、緊張とリラックスの
バランスを図ることです。


緊張し過ぎでも、だらけていてもパフォーマンスはMINになり
ます。


緊張時に無理やりでもいいですから「笑顔」を作る。
パフォーマンスを上げるひとつの方法です。


スポーツでなくても、試験、発表会、告白など様々なシーン
で使える方法です。

『笑ったぶんだけ楽しくなれる』etc.
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 12:28 | 笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。