スポンサードリンク



通勤、通学の道順を頻繁に変えて脳を鍛える

●通勤、通学路ははなどの道順を頻繁に変えて脳を鍛える

脳を鍛えるということは、脳に刺激を与えるということです。

通勤、通学などは最短距離か最も時間のかからないルートと方法
を選択してそのままずっと変えないというのが普通だと思います
が、脳を鍛えるという観点からはもったいない話です。

同じ通路で方法で通勤・通学を繰り返していますと、同じ風景を
毎日見ることになりますので、脳が慣れてしまい省エネモードに
入ってしまいます。

こうなると、退屈感、疲労感がでてやる気がなくなってきます。

通勤、通学は毎日のことなので、脳を鍛えるためにこれを有効活
用しない手はありませんよネ。(*^_^*)

見たことの無い風景は脳に刺激を与え活性化します。
新しい情報を処理するために脳血流が増加するのです。

ジャングルの探検よりは刺激がありませんがネ。

ただし、新しい通勤、通学ルートを開拓したとしても、やはり
繰り返していると刺激は無くなっていきます。

慣れてきたなと思ったらどんどん新たなルートを探検してみまし
ょう。

これで、退屈な通勤、通学時間が脳を鍛えるトレーニングタイム
になります。


スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 13:32 | ウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。