スポンサードリンク



ウォーキングで脳を鍛える。

ミルキングアクションで血行を良くし、鍛える

脳を鍛える方法のひとつに血行を良くすることがあります。

酸素やブドウ糖などが十分にあっても血行が悪ければ、脳は良く
働いてくれません。

血管を拡張させて、血圧を下げてやれば、血行はよくなります。

血行は良くするためには、運動が一番ですが、ジョギング、サッ
カー、バレーボールなどの激しいスポーツは脳を鍛えるという
よりも、心肺機能や運動機能を鍛えるものです。

もちろん、戦略を練りながらあるオフェンスやディフェンスの
パターンをマスターする練習など新しいことに挑戦する場合に
は脳を鍛えることができます。

また、単なる遊びでも疲れない程度に行えば、血圧が下がり、そ
の後に学習すれば効率が上昇します。

脳を鍛えるのに一番手がるで安全なのはウォーキングです。

ウォーキングは空き時間に5分でも10分でもできますし、基本的
にどこ歩いても構いませんからネ。(*^_^*)

スポーツウェアやシューズも必要ありません。
心筋梗塞のような危険性もほとんどありません。

そして、疲れない程度に血行を良くする素晴らしい方法です。

ウォーキングで重要なのは、ふくらはぎのミルキングアクション
(筋肉の収縮により血行を促進させること)を十分にさせるという
ことです。つまりふくらはぎの筋肉にポンプの役割を十分行わせ
心臓の負担を軽減するということです。

そのためには普段より、歩幅を大きくし、ふくらはぎ、ハムスト
リンを十分に伸ばすことを意識して歩くということです。

そのためには靴紐をキチンと結ぶことが重要です。カカトを踏ん
でいたり、靴紐をゆるめにしていると、ミルキングアクションが
十分なされず、血行はよくなりません。

ウォーキングのよいところはコースを自由に変えられるという
ことと、景色を楽しめるということです。それだけ脳が刺激
されるということですからネ。

脳は鍛えられ、費用はゼロ、生活習慣病も予防できるとなれば
もう始めるしかありませんネ♪(*^_^*)
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 15:17 | ウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。