スポンサードリンク



喋れ、もっと喋れ・・脳を鍛える方法

音読よりも・・鍛える方法

室町時代の浄土真宗の僧、蓮如上人はもの言わぬ農民や民衆
に「喋れ、もっと喋れ」と人前で自分の考えを言うことを
奨励しました。


人前で話してこそ自分の考えが、整理され、さらに他人にい
ろいろ指摘されて、信仰は正しい方向に矯正され、深まって
いくと・・。


「音読」が脳血流を増加させることはもう常識になっていま
すが、さらに「音速読」、さらに、暗記した文章をテキスト
無しで音読する「暗誦」。さらに速く暗誦する「暗速誦」と
脳血流が増大し脳活性します。


しかしながら、人前で喋るほうがより脳活性されます。
それは音読などと比較しても、自分で考えを構成し、言葉を
選択し、まとめていくという作業や、相手の話の内容、態度、
表情などを読み取り、またそれに対してアドリブで対応する
という作業が必要となるからです。


蓮如上人は農民や民衆に「喋れ、もっと喋れ」とけしかけ
ました。普段物言わぬ農民の人々にとっては、カルチャー
ショックだったでしょうが、脳血流を増加し、脳活性し、
自信、度胸、やる気、積極性、若返りなど、様々な効果が
出たのは間違い無いでしょう。


喋りの達人といえば、古舘伊知郎さん、「トークの魔術師」
さんまさんがいます。


古舘さんの実況解説はまるでマシンガン。時にはしゃべり
が自分の考えを超える時があるといいます。


「トークの魔術師」さんまさんは、ハイスピードでのコミュ
ニケーションが得意で、漫才で使われる「天丼」を多用します。
ゲストの話に間髪入れず切り返して、さらに笑いを取らないと
いいけません。連想力、語彙力が相当鍛えられているようです
ネ。PETで見ると頭全体真赤になっていると思います(*^_^*)


古舘さん、さんまさん二人とも若々しく頭の回転速そうですよ
ネ(*^_^*)


脳血流MAXクラスの喋りはディベートでしょうが、一般の人に
とってディベートする機会などほとんどないでしょうから、
人と話す機会があれば億劫がらずにどんどん出かけて喋りま
しょう。

一人でDSトレーニングやるよりよっぽど脳は鍛えられます。
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 18:08 | 音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。