スポンサードリンク



メモ、レポートはグラフ、図、絵を多用し、一目でわかるようにして脳を鍛える

メモ、レポートはグラフ、図、絵を多用し、一目でわかるようにして鍛える


会議用資料やレポートなどで、文字や数字の羅列ばかりで
無味乾燥なものを見るとウンザリしますよネ。もしも、丁
寧な説明があったとしても、読まれず仕舞いということに
なるのがこの手の資料です。

このような資料は分かりづらく、読み手のことを考慮して
いないようです。

役人が提出する資料は大体文字と数字で埋められているよう
ですがネ(*^_^*)

わざとわかりにくいようにしているかもしれません。(*^_^*)

プレゼン資料も同じです。無味乾燥な文字や数字の羅列は
止めましょう。

表もだめですヨ。できるだけグラフ、図、絵を多用し一目で
理解できるようにしましょう。

そうすることで、ポイントが書き手、読み手に伝わり、会議
も、質疑もスムーズに進行します。

書き手にとっても頭の整理になるので一石二鳥、三鳥にもな
ります。

このことは教科書・参考書選びにつても言えます。

できるだけ、グラフ、図、絵を多用した教科書・参考書を選
びましょう。

つまり、「読む」から右脳に訴える、「見る」学習法に変え
るということです。

今は法律、経済や聖書などのお堅いものも「マンガ」化された
ものが販売され売上を伸ばしています。

そのほうが理解されやすいですからネ。今まで無かったのが
不思議です。

日本史や世界史なども映画やドラマで見た方が鮮明に記憶に
残ります。
スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 14:54 | 見える化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。