スポンサードリンク



イメージングで記憶を変える-2

さて、ではどのようにして悪いイメージを良いイメージ
に変えるのか?


いろいろな方法がありますが、イジメに悩んでいた人は
皆が笑顔で自分に接してくれているイメージを何度も
何度も繰り返したそうです。


すぐ効果はありませんでしたが、あきらめずに毎日毎日
繰り返した結果、数ヵ月後徐々にイジメが減り始め、
最終的には皆無になったそうです。


イメージングが直接イジメっ子に作用することは無い
と思います(作用するというオカルト的な意見の人もい
ますが)。


イメージングすることにより、本人の表情、態度、物腰
に変化が現れ、相手を刺激しなくなったというのが
説得力ある理屈だと思います。(*^_^*)


※「イジメ対策にイメージングをせよ」ということでは
ありません。イメージングが直接相手を変えることは
ありません。自分の心をコントロールする手段であると
いうことです。イジメ対策ということであれば、場合に
よっては警察に訴えるということが必要な場合もあります
からネ。


また、アウシュビッツ収容所から奇跡的に生環した人は、
助かって平和に暮らしている自分をイメージングしてい
たそうです。


明日をも知れない絶望的な状況下で精神的におかしく
なってしまう人々が続出するなか、平常心を保っていら
れたのはイメージングだったのです。


イメージングしたから、助かったなどとノー天気なこと
は言いません。


大切なことは自分の考え・心・精神・脳のコントロール
の主導権を他人に渡さないことです。


前述のようなイメージングは嫌な上司とか、なんとなく
しっくりこない相手に対して行うと効果的です。


仲良くするイメージが無理な場合は、意識の中から消し
てしまうイメージングがいいかもしれません。


まず相手をイメージして、それをどんどん小さくして
いきましょう。


そして、最後にパンッと風船が割れるように破裂させて
しまいましょう。


また、相手の声をどんどん小さく、高くしていきましょう。


さらには、相手のイメージを面白くコラージュしていきま
しょう。写真に落書きするように、ヒゲを付けたり、
タレ目にしたり・・。


これらはあくまでもイメージング例です。
自分の好きなように自由になんでもやってみてください。


あきらめないで続けているうちに、脳が鍛えられ、
前向きにやる気が出て、ストレスに強くなった自分を
自覚できるようになります。

『超高速イメージトレーニング』『右脳イメージトレーニング 入門編』etc.



スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 11:30 | イメージング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。