スポンサードリンク



自由を奪う「恐怖心」の正体・・脳を鍛える方法

失敗に対する恐怖・・鍛える方法

人が思うように自由に行動できなくなる主原因は「恐怖心」
です。

「恐怖心」は自らの「命」を守るために必要なもので、幼い
頃からの経験や、見聞きした話が元となり「恐怖心」が形成
されます。

例えば、高所やヘビなど、何も知らない赤ちゃんは全然平気
ですが、高所から落ちたり、ヘビに咬まれた経験のある人は
もちろん、そういう経験の無い人でも、すでに「危険」とい
う情報を見たり聞いたりしている人は、「恐怖感」を自動的
に感じるようになっています。


さて、人生を自由に逞しく生きて行こうとする人の前に立ち
はだかる「恐怖」とは何でしょうか?

それはほぼ「失敗」に対する恐怖と言っていいでしょう。

受験やスポーツ競技、スピーチ、仕事、独立での失敗、恋愛
告白の失敗、結婚の失敗・・etc.

それぞれ失敗を恐れるあまり、一歩踏み出せなくなってしまう
のです。頭がフリーズして体も動かなくなってしまうのです。


では何故、命を無くすこともないような「失敗」を恐れるの
でしょうか?

それは「失敗」そのものを恐れているわけではないようです。

例えば、スピーチで、誰も聴く人がいない場合はどうでしょう
か?受験の失敗で、その事を本人しか知る人がいない場合は
どうでしょうか?「恐怖心」は起きようがありませんよネ。
(*^_^*)

ということは、「恐怖心」は「失敗」そのものでは無く、自分
の「失敗」に対する、他人の反応、嘲笑やあざけり、噂などで
あることがわかります。

そして、この「他人の目」は本人自らの想像力で作りあげたも
のが多いのです。

人は誰でも一番の関心事は自分の事なのです。他人の事など口
にしたとしても、自分の事と比較にならないほどどうでもいい
事なのです。

あなたの受験の失敗なんかどうでもいいことなのです。
あなたの両親はどうでもよくないかもしれませんが、それも、
人目を気にしているからです。(*^_^*)

まず、この真実を自覚する必要があります。


スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 18:13 | イメージング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。