スポンサードリンク



脳のナマケぐせ防止せよ・・脳を鍛える方法

常に最高のパフォーマンスを出すには・・鍛える方法

5月12日('09)放送のNHK「クローズアップ現代」でオリンピ
ックなどの大舞台で、実力を発揮できる選手と出来ない選手の
違いはどこにあるのか?についての最新の脳科学からの分析や
成果について報告していました。

スポーツや仕事や勉強などの達成に目標設定が大切であること
はいうまでもありませんが、それが両刃の剣であるというので
す。

頑張って努力して、目標が眼前に迫るのを認識した途端に、本
人は意識していないにも関わらず脳が勝手に頑張るのをやめる
ように全身に司令してしまうというのです。

金メダルリストで世界新を出した北島康介選手をはじめ、メダル
ラッシュの競泳陣の例を紹介していましが、上記の脳の特性を
考慮し、ゴールして振り返ってタイムを見るまでを一連の動作
にして、タイムを確認することをゴールとして練習を重ねたと
いうのです。

そうすることでゴール直前の「脳のナマケ司令」を防いだと
いうわけです。

これからのスポーツ競技はスキルや体力に加えて、脳トレが
キーとなっていくようです。(*^_^*)

同じようなことが、けっこう普段の社会生活でもおきてます。
例えば、ビジネスマンのパフォーマンスが上司が休んでいない
時には下がることが心理実験で確認されています。当の本人
は「怠けてやろう」などという意識はまるでなかったのに
そうなってしまうのです。

プロ野球でも、観客の入りが少ない場合はエラーの数が多くな
ることが知られています。

本人が意識しないにも関わらず脳が勝手に集中力を失わせていた
のです。

受験勉強などでも、目標とする偏差値をクリアーが目前とな
ったことを認識した時から急に学力が伸びなくなってしまう
受験生がいます。

この無意識の「脳のナマケ司令」を防ぎ集中力を維持するには
どうしたらいいのでしょうか?

番組では北米での幼児からスポーツ選手、ビジネスマンの脳波
トレーニングを紹介していました。成果を徐々に表れている
ようです。パソコン画面を見ながら、自分の意志で脳波をコント
ロールし、常に集中状態を保つようにするというものです。

そんな面倒くさいことしなくても、目標をどんどんあげていく、
時計を見ない、置かないなどいろいろ工夫できると思います
がネ。(*^_^*)


スポンサードリンク
posted by 脳を鍛える・脳活性化100の方法 at 15:35 | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。